手軽に利用できるネット印刷の賢い使い方

>
この記事をシェアする

失われつつある技術が行き着いた活路

デザイン上の抜けや誤字はそのまま

入稿データが、そのままでは印刷に掛けられないようなデータ的なミスなどでない限り、本来色がついていてしかるべきところに色がついていなかったり、明らかな誤字などについて、印刷会社から指摘されることはありません。
つまり、間違ったデータであってもそのまま印刷されてしまうということです。
営業担当などがいる場合は、大きな抜けなどがあった場合、気が付けば連絡してくれますし、そのデータ修整時間を考慮した印刷スケジュール調整も(ある程度ならば)対応してくれます。
ネット印刷では、一切ありません。
データに不備があった場合、修正し、再入稿するまで作業は止まり、印刷スケジュールも問答無用に後ろにずれます。
データの不備が判明するまで丸一日かかる会社もあり、1箇所でもデータ不備があった場合、間違いなく1日は納期が遅れることになります。

印刷物の仕様も依頼する側で徹底管理

例えば、同じ仕様の新しいチラシを印刷する場合、前回使用した紙の薄さや種類、光沢などの仕様詳細についても、発注側でしっかり把握し、間違えないように発注しなければなりません。
担当営業などがいれば、もし、発注の時に違った仕様になっていたら、確認の連絡をしてくれるものです。
ネット印刷の場合は、間違った紙やサイズで発注したら、そのまま、間違ったサイズのものが成果物として送られてきます。
会社によっては、受注した業務をさらに下請けに丸投げしているところもありますので、そこまでの対応を期待することは難しいようです。
会社によっては、小規模な会社であると、印刷担当レベルで、気が付いて連絡してくれる場合もありますが、本当に稀です。


Copyright © ネット印刷を上手に活用する方法. All Rights Reserved.

TOPへ戻る