手軽に利用できるネット印刷の賢い使い方

>
この記事をシェアする

制約はありますが、特性を活かせば便利に使えます

見積もりがすぐ出る

無駄を省き、低価格を実現しているネット印刷ならではですが、料金体系もシンプルです。
印刷の仕様(1色、2色、4色)や紙の厚さや質、枚数、そして納品までの日数を決めれば自動的に料金が算出されます。
入力さえすればその場で価格が分かるので、依頼する側で日数調整や枚数調整などを行い、予算内に収める作業をスピーディーに行うことができます。
ただし、ここで選択された日数は、データの不備による修整期間などが発生した場合、その分納品日が後ろにずれますので、調整不可能な納期が確定している場合、予備日も含めて設定する必要があります。
そのことを注意して調整すれば、自由に期間を調整できます。
金額を安く抑えたければ、印刷日数を長くすれば可能です。

24時間いつでも発注に対応

印刷物を作る時、製作者がそのまま発注者になることもありますが、多くは、いろいろな人の確認を取る必要があります。
そのような仕事の場合、いざ、入稿できる状態になったとしても、遅い時間、時には深夜になってしまうこともあります。
通常の印刷会社の場合、翌日に入稿がずれてしまいますが、24時間入稿に対応している会社も少なくありません。
このような印刷物のデザインなどの業務の特性に合った発注ができるのもネット通販の強みです。
会社によっては、受付はできても、翌日の発注日時になってしまう場合もありますので、事前に確認しておくことが重要です。

大手4社の中だけでも、受注対応や緊急サポート体制が大きく異なります。
依頼する前に各社の対応と、価格帯を検証して、自分に合った会社を選ぶと快適に利用できます。


Copyright © ネット印刷を上手に活用する方法. All Rights Reserved.

TOPへ戻る